「JOINT ON」 技術力と精神力がつながる時、人は、時代を超えて「人の歓び」を創り上げてきた。

 

飛鳥建築には装飾のための装飾はなく、すべてが構造として存在していると言われています。建築物を下から見上げる時、飛鳥の軒瓦は隅の方で各々が反り上がっていて、実になだらかで柔らかく、しかも力量感溢れる見事な曲線になっています。そしてこの美しさこそ構造からくる必然のカタチなのです。飛鳥の工人は木を知り尽くし、木にさからわない究極のシステム<継ぎ木>を生み出し、その技術と心で建築を創り上げ、現在もその建築物は1300年を経て建ち続けています。
私たちはエンジニアリングの実務者として、先人が示すこの「工人の道」から深くを学び、現代が未来に向かって作り上げるものの中に、その心とカタチを残していきたいと願っています。

 
  • いま堅牢なシステムの構築が求められている
  • いま異なるシステムの各専門領域の集合体がもたらす技術サポート力が求められている
  • いま「個人」「チーム」「プロジェクト」の異なるスケールが、自在変化しながらもたらす総合力が求められている